姉妹デュオSAKURANBO*akiのブログ
姉妹の音楽デュオグループSAKURANBOで活動中のakiの日記☆
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初心忘れず | main | 「風が来るよ」制作秘話 >>
愛機のタカミネノさん
このブログ、モバイルページは小刻みに分割されてしまい、広告だらけで、ページ下の次へボタンがわかりにくいですね^^;
次へをタップしたら文章は、まだまだ続いているのでした!!(笑)

お間違えなく(^^)

このギターは、タカミネのPT400シリーズ。



左右対称の木目が珍しい逸品。
同じシリーズでも木目は全部違いますから、真ん中のサウンドホールにグッと集まるような左右対称の木目は本当に珍しいんです!

ショートスケールのコンパクトボディー、日本製。
ギブソンやマーティンにもあこがれるけれど、私は、タカミネのこのシリーズしか、奏でたことがありません♪私の愛機。

たぶん、ギターというチョイスは、私にとって、チェロをひくという次に、ハードな楽器だと思う。

とにかく、大きくて、はじめたばかりの頃は、10分も持ったら辛くて、体中が痛くなった(笑)
どうしたら、長くもっていられるのか、もっているだけで手一杯にならず、弾きながら、より美しく歌うためにはどうしたら良いのか、試行錯誤した。 結局、なんでも経験が物をいい、体力を作るのが基本だった。プロテインを飲みながらギターと格闘したのが懐かしいです♪

聞いたことがあるんですけど、日本で奏でるならば日本製のギターがベストだって。
海外製のギターは、制作地でのベストな常態の木を使って作られているので、輸入された時、日本でジメジメした風土の湿度で膨張するらしく、本来のベストな常態ではないんだとか。
つまり、日本製のギターは日本の湿度で膨張仕切った中でのベストなもので作られているのですね!

海外遠征に出かけたら、一気に乾燥しちゃうのかな?(笑)

とにかく、いついかなるときも、私はこのギターをステージで奏で続けてきた。



一途でしょ?(笑)
- | permalink | comments(1) | -
この記事に対するコメント
ブログデザイン変わってますね!
「次へ」ボタンも無い!
なんだかすみません!ありがとうございます。

たしか愛機のヒナギクちゃんでしたよね♪
ライブや動画で「ヒナギクちゃんも元気だな」って思って見てますよ
コユキ | 2018/10/11 6:45 PM
コメントする