姉妹デュオSAKURANBO*akiのブログ
姉妹の音楽デュオグループSAKURANBOで活動中のakiの日記☆
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パパについて | main | 愛機のタカミネノさん >>
初心忘れず
ふと、最近、反省したことがありました。

「初心忘れず。」とよく言いますが、本当に大事なことだと思います。

自分自身の音楽の出発点がどこにあったのかと言うこと。

長い時間の中で、
気づいてみたら、もみくしゃにされてしまって、へし折れつつあった想いが、私の中にもあったように思う。

苦節、挫折、停滞を繰り返しても、それでも絶対に辞めないと言うことだけが、私の最後の砦だったように思う。

そんな中、いつしか、「どんな形でもいいから、歌い続けていたい。」という願いに執着していた自分に気付き始めていた。

でも、今は、反省している。

私は、もっと上を目指さなければいけない。
もう一度、自分の原点にもどり、自信を取り戻さなければ、この先へは行けないのだと言うことだ。

積み重ねてきたことを過去の産物ではなく、未来の糧にすること。

私は、四面楚歌なんて歌わない。

きっと、これは、始まりの歌なんだ。

それをもう一度、自分に刻まなければならないと。

最近、そんな事を思った。


文豪 吉川英治さんの「宮本武蔵」は巌流島の決闘で締めくくられる。 そして、最後の一文。  「波騒は世の常である。 波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を、水の深さを。」 と。 名文ですね。 百尺下の水の心を知る者は、ほんのひと握りであるのが、世の常である。 、、、しかし、ほんのひと握りだからこそ、百尺下で水の心を得る事は、得難く、又、尊いのだと言うことか。 「波に戯れ騒がしい水面は、一見、楽しげに見えるだろうが、、、人生は、百尺下まで深く潜らなければ、つまらんぞ、あきさんや。」 私は時々、おっさんみたいに、自分自身にそう言う(笑) 基本、心の中は5歳から、ずっとおっさんだからw 自分らしく、頑張れ、私。
私なら できる。

しぶとくて、頑固なのが取り柄です(笑)
- | permalink | comments(1) | -
この記事に対するコメント
シブい名言ですね。
そして「5歳からおっさん」。こちらも迷言。

文豪の吉川英治さんとお父様は同姓同名一字違いなんですね!
コユキ | 2018/09/27 1:31 PM
コメントする