姉妹デュオSAKURANBO*akiのブログ
姉妹の音楽デュオグループSAKURANBOで活動中のakiの日記☆
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 親友たち | main | 初心忘れず >>
パパについて
今日は、たまにはパパのことについて書いてみようと思う。

ぼくたち、姉妹デュオグループSAKURANBOとミュージシャンであるある兄 吉川英夫のパパについてだw

ぼくたちのパパは、
シンガーソングライター吉川英二さんです。



私たちからしたら大先輩にあたる父。
彼は、幼い頃、病床の中で、ギターを触るようになり独学でシンガーソングライターになりました。

モーリスの音楽コンテストやヤマハのポップコン等に、当時、車イスでありながら、健常なミュージシャンに混じり、対等に音楽で闘い、数々の賞を授賞。レジェンドであります!

そのため、私たちは、物心付いた時には、父のコンサートの楽屋で遊ぶのが当たり前で、リハーサルも本番も すぐそばで目の当たりにして育ちました。

しかし、、、私たちは、父からはギターも作曲方法も、ライブのノウハウも、ほとんど教わったことがありません。記憶にあるのは、父からイルカさんの「なごり雪」に出てくるコードだけ、4つか5つ教えてもらったこと。

あとは、父から「技は盗め。」とだけ言われました(笑)

私は、負けん気が強いので(笑)、「パパからは技なんて盗まない!」的な(笑)いけない娘ですね、、、15歳になるまで、ギターに触ることは全くありませんでした。

15歳になった頃、なんとなく気が向いてギターを弾いてみたら、楽しくて楽しくて、ずっと弾き語りの練習をするようになりました。

はじめてカバーしたのは、「なごり雪」次が、aikoさん、19さん、kiroroさんと続いて、ふと気がつくと自分で歌を描くようになっていた。

でも、こうして長い時間が過ぎてみると、私は結局、誰よりも父の影響を受けていたと思う。
スタイルも、パフォーマンスも、取り組み方も。

今、想えば、父の背中から無意識のうちに学び、盗んでいた。

そんな気がしてならない。

私にとって、やはり父は偉大な存在だと思います。


↓パパの代表作 1991年
「平和の鐘」
作詞作曲 吉川英二
演奏 吉川英二 with WHITE

https://youtu.be/VUdw1SCLGz8
- | permalink | comments(1) | -
この記事に対するコメント
父親も母親も自分自身を形造る大切な存在ですよね

自分の父の帰りはいつも遅くて朝も早くて中々会えない時もあったけど、「目尻のシワ」が何時も笑顔でいてくれたことを証明してくれてます。
いつも笑ってこちらを見ているいる父親を、小さい頃は恥ずかしく思った時期もありましたが、今は誇りに感じています。
そんな父親に自分もなりたいなって。

記録に残るようなものは無いけれど、自分にはレジェンドです。
そんな事を思ってしまい父に会いたくなるようなブログでした。
お父さんにもいつまでも音楽続けて欲しいですね
そして自分たちも子供達のレジェンドに!


話は変わりますが、衝撃的な事実が判明しました。
文章の一番下の「次へ」を前のブログに戻るボタンだと勘違いしてましたー!
以前は全部読んでたのにここ数軒は1ページのみしか読んでなかったという…
すみませんでした
コユキ | 2018/09/27 1:27 PM
コメントする