姉妹デュオSAKURANBO*akiのブログ
姉妹の音楽デュオグループSAKURANBOで活動中のakiの日記☆
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
原型
例えば、音楽の原型みたいなものが、遙か太古の大昔にあったとして。

バッハもいない、モーツァルトもいない。

言葉さえも まだなかったかもしれない。

そんな大昔に 音楽の原型があったとして。

それはもしかして 降りしきる雨の音を一晩中聞いていたり、風の音に耳を傾けながら、誰かの事を想ったり、明日の事を想ったり、自分の心の中を埋め尽くしていく何かに耳を傾けることだったのかもしれない。

そのあまりにも静かで、シンプルで、坦々とした繊細な揺らめきの中に

いつしか、
この想いが誰にでも聴こえる叫びとなって、同じこと想って、泣いたり笑ったりしている人の心に届いたらいいのになって。

そう願って、そう祈って、朝を迎える事だったんじゃないかな、、、とか。

私にとって、音楽を生み出す瞬間は、それとよく似ている気がする。

誰かがわかってくれるようで、誰もわかってくれていない。だけど、届くと信じてやまない。

誰の心の中にも存在している、「想い」の集合体が、雨や風の音とともに暗闇を駆け抜けていくのを知っているから。

- | permalink | comments(1) | -
表参道で撮影。
先日、私は、自分の中の限りない大人に挑戦すべく、あの手この手を尽くしまして、お洒落して表参道へ行って参りました!




ある企業のチラシのインタビューのお仕事をいただきまして、掲載する写真撮影をするためです!

撮影は、とってもお洒落なお店でしていただきまして!

良い思い出にもなり、経験にもなり、出来上がりが本当に楽しみです!

現地に早く到着しましたので、しばらくオモサンを散策して、時間を潰しました。

こちらの写真は、
お米ミュージアムのお米オブジェの前で、モデルポーズを練習する私です(笑)わはは。
お米光オーラを感じる?!



いかに、足を長く見せるか!!(笑)
いかに足を長く見せるか!!

いかに足を長く見せるか!!

なんで、3回書いたかと言うと、
実際に、長いからです!(笑)
菜々緒さんが菜々緒ポーズを決めるようなものです。

余談ですけど、私、実はコンプレックスなくらい、手の平が大きくてですね。
ギターを弾くのには有り難いんですが、正直言って男性並みに巨大な手の平なんです(T . T)
私、骨形成不全症って言う疾患で身長125cmほどで、ミニモニ。に入れるんですけど、もし、健康だったらならば、手の平の大きさから推測される身長は、175cm以上だってお医者さんから言われてる夢を見たんです(^^)

パリコレですよ!!

天のイタズラがなければ、もう、パリコレだったに違いないわけです、はい!!


そんな、私は、土曜日に背伸びをし過ぎた反動からか、今日には前髪をバッサリ切りまして、みなさんがよく見かける私に戻っております(笑)




やっぱり、コレパリですw
- | permalink | comments(1) | -
読売新聞でご紹介いただきました!
この度、10月1日夕刊の読売新聞で、私たちが所属する事務所、Co-Co Lifeタレント部について、読売新聞で紹介していただきました!

私たちもWeb版でお写真付きレコーディング風景を載せていただいています。
とても嬉しいですね!ありがとうございます!

大阪版夕刊全15段(全頁)掲載

Web版、是非、ご覧ください

http://talent.co-co.ne.jp/2018/10/02-01

っていうことで、、、ブログでは申し遅れましたが、私たち今年の9月より、Co-CoLife☆タレント部に所属いたしまして、新たなる活動を開始いたしました!

今、とっても楽しいです。
まだ、はじまったばかりですが、再び、みなさんに音楽をお届けできるチャンスに恵まれたこと。
そして、そのために努力できる自分自身であることが、幸せです。

音楽部のプロデューサーさんが、先日、Twitterで、「車イスだろうが、視覚障害、切断、難病であろうが音楽はひとつ。そんな考え方が、Co-Co Musicです。」と呟いていらっしゃいました。

それは、私たちSAKURANBOがずっと目指したいと思っていたことです。

今までは、孤独な戦いをしてきましたが、今は、素敵な仲間に巡り会えました。

私たちを本気でアーティストとして、育てようと訓練してくださっていること。音楽に対して、生半可ではない、高いものを要求してくださることが、本当に嬉しくて、楽しいです。


みなさま、今後ともよろしくお願いします!
- | permalink | comments(1) | -
「風が来るよ」制作秘話
2017年10月に動画で発表した、SAKURANBOのオリジナル楽曲「風が来るよ」。

この曲は2020年の東京パラリンピック大会へのメッセージを込めた応援ソング【非公式】として作曲制作しました。

↓「風が来るよ」YouTube↓
https://youtu.be/J3kuFJR3dBo

これから、この曲は、ますます、成長していける曲のひとつにしたいと思っています。
楽曲って生き物だから、メロディや歌詞は変わらないけど、ずっと形を変えて生き続けるんだよね。歌うたびに。

今日は、少し制作の上での想いについて。

作品、「風が来るよ」は、パラスポーツに取り組み、あらゆる困難に立ち向かいながらも、「あるがまま」の姿で、走り抜けて行く姿を冒頭の歌詞で、「この道を走るには 私は裸足だから 小さな小石もひどく傷む」と言うワンフレーズでシンプルに描きました。

ありのまま、自分自身の人生を駆け抜けて行く姿を「障がい」と言う言葉ではなく、「裸足」と表現することで、パラスポーツの選手を「1人の人間」として描き、その人間の挑戦について歌った曲に仕上げています。

又、パラスポーツは車イスだったり、義足だったり、視覚障がいだったり、知的障がいだったりと、多様な人達のものであるため、全ての競技と全ての選手にとって共通するキーワードを使えないかと考えていました。

そういった意味も込めて、「風を感じる。」「風を生み出す」「風に立ち向かう」と言う「風」をキーワードにすることで、水陸空に共通する感覚を意識。

編曲の中で、SAKURANBOがアコースティックギター2本だけで表現できる風とはなにか?ということを考えていました。

現段階では、フラメンコギターに多様に使用されるラスゲアードという方法を駆使しています。
ラスゲアートとは、握った手の平を開いていくような動作をしながら弦を上から下へ絶妙な時間差をつけながら掻き鳴らす奏法で、ストロークがジャン!だとすると、ラスゲアードはジュアラララン!!という音色を出すことができます。

このラスゲアードを曲の中で、妹と私のギターが交互に入りながら追いかけ合うことにより。風が、瞬発で吹く瞬間。ブワーーーっと吹いて来る瞬間を表現しました。

そして、このラスゲアードが入る事により、弦と弦が共鳴しあう倍音の効果によって微かに行進曲に使うダカダッタ!ダカダッタ!というビートが聞こえて来るような音作りをしています。

もう一つのポイントとして、冒頭の歌い出しの直後や歌の間奏の節々で、Cメジャーのタラリラタラリタラリラタラリタラリラタラリという、特徴的な音色を挟むことにより、「何かがはじまるのでは?」と言う予感のそよ風を表現しています。

しかし、実はこれには、とっても面白いエピソードがあって(笑)
実は、2017年10月にFacebookで、「風が来るよ」を公開、拡散を呼びかけた際、思わぬ事にインドネシアの人達が、すごくたくさん、いいね!をしてくださったんです。

なぜ、インドネシアなんだろう??インドネシアで私たちウケやすいのかな?とか、色々と考えていたら、、、

これは、私たちの勝手な憶測なので真実はわからない。
でも、理由が判明したんです!
インドネシアのバリ舞踊の特徴的な音色の中に、「風が来るよ」の中に入っている、タラリラタラリラタラリラタラリラっていう音色が!!
そっくりでないか?!

っと。

↓バリ舞踊↓聴いてみて!
https://youtu.be/GgmBI9lWxtQ

それで、インドネシアの皆さんに、「風が来るよ」は、親しみやすかったのかしら?!!

本当のことは、わかりませんが(笑)
なんと、「風が来るよ」には、スペインのフラメンコと、インドネシアのバリ舞踊が入っていた!(笑)グローバルじゃないか!(笑)



目指せ、世界の人に聞いていただける曲を目指して。
現在、更にイントロなどを制作し、更に風を感じていただける曲にならないかと、考え中です。

「風が来るよ」が、障がいのある人だけでなく、全ての人にとって、「ありのままの自分と闘い続ける姿は、希望に満ちているんだ。」と言うメッセージとなるよう、願っています。

今一度、バリ舞踊とラスゲアードがどこに入っているか、意識して「風が来るよ」を聞いてみませんか?(笑)
バリ舞踊は、歌い出しの後にすぐに聞き取れると思います!エンディングにも入ってますよ!
フラメンコは、後半かな!

↓「風が来るよ」YouTube↓
https://youtu.be/J3kuFJR3dBo

- | permalink | comments(1) | -
愛機のタカミネノさん
このブログ、モバイルページは小刻みに分割されてしまい、広告だらけで、ページ下の次へボタンがわかりにくいですね^^;
次へをタップしたら文章は、まだまだ続いているのでした!!(笑)

お間違えなく(^^)

このギターは、タカミネのPT400シリーズ。



左右対称の木目が珍しい逸品。
同じシリーズでも木目は全部違いますから、真ん中のサウンドホールにグッと集まるような左右対称の木目は本当に珍しいんです!

ショートスケールのコンパクトボディー、日本製。
ギブソンやマーティンにもあこがれるけれど、私は、タカミネのこのシリーズしか、奏でたことがありません♪私の愛機。

たぶん、ギターというチョイスは、私にとって、チェロをひくという次に、ハードな楽器だと思う。

とにかく、大きくて、はじめたばかりの頃は、10分も持ったら辛くて、体中が痛くなった(笑)
どうしたら、長くもっていられるのか、もっているだけで手一杯にならず、弾きながら、より美しく歌うためにはどうしたら良いのか、試行錯誤した。 結局、なんでも経験が物をいい、体力を作るのが基本だった。プロテインを飲みながらギターと格闘したのが懐かしいです♪

聞いたことがあるんですけど、日本で奏でるならば日本製のギターがベストだって。
海外製のギターは、制作地でのベストな常態の木を使って作られているので、輸入された時、日本でジメジメした風土の湿度で膨張するらしく、本来のベストな常態ではないんだとか。
つまり、日本製のギターは日本の湿度で膨張仕切った中でのベストなもので作られているのですね!

海外遠征に出かけたら、一気に乾燥しちゃうのかな?(笑)

とにかく、いついかなるときも、私はこのギターをステージで奏で続けてきた。



一途でしょ?(笑)
- | permalink | comments(1) | -
初心忘れず
ふと、最近、反省したことがありました。

「初心忘れず。」とよく言いますが、本当に大事なことだと思います。

自分自身の音楽の出発点がどこにあったのかと言うこと。

長い時間の中で、
気づいてみたら、もみくしゃにされてしまって、へし折れつつあった想いが、私の中にもあったように思う。

苦節、挫折、停滞を繰り返しても、それでも絶対に辞めないと言うことだけが、私の最後の砦だったように思う。

そんな中、いつしか、「どんな形でもいいから、歌い続けていたい。」という願いに執着していた自分に気付き始めていた。

でも、今は、反省している。

私は、もっと上を目指さなければいけない。
もう一度、自分の原点にもどり、自信を取り戻さなければ、この先へは行けないのだと言うことだ。

積み重ねてきたことを過去の産物ではなく、未来の糧にすること。

私は、四面楚歌なんて歌わない。

きっと、これは、始まりの歌なんだ。

それをもう一度、自分に刻まなければならないと。

最近、そんな事を思った。


文豪 吉川英治さんの「宮本武蔵」は巌流島の決闘で締めくくられる。 そして、最後の一文。  「波騒は世の常である。 波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を、水の深さを。」 と。 名文ですね。 百尺下の水の心を知る者は、ほんのひと握りであるのが、世の常である。 、、、しかし、ほんのひと握りだからこそ、百尺下で水の心を得る事は、得難く、又、尊いのだと言うことか。 「波に戯れ騒がしい水面は、一見、楽しげに見えるだろうが、、、人生は、百尺下まで深く潜らなければ、つまらんぞ、あきさんや。」 私は時々、おっさんみたいに、自分自身にそう言う(笑) 基本、心の中は5歳から、ずっとおっさんだからw 自分らしく、頑張れ、私。
私なら できる。

しぶとくて、頑固なのが取り柄です(笑)
- | permalink | comments(1) | -
パパについて
今日は、たまにはパパのことについて書いてみようと思う。

ぼくたち、姉妹デュオグループSAKURANBOとミュージシャンであるある兄 吉川英夫のパパについてだw

ぼくたちのパパは、
シンガーソングライター吉川英二さんです。



私たちからしたら大先輩にあたる父。
彼は、幼い頃、病床の中で、ギターを触るようになり独学でシンガーソングライターになりました。

モーリスの音楽コンテストやヤマハのポップコン等に、当時、車イスでありながら、健常なミュージシャンに混じり、対等に音楽で闘い、数々の賞を授賞。レジェンドであります!

そのため、私たちは、物心付いた時には、父のコンサートの楽屋で遊ぶのが当たり前で、リハーサルも本番も すぐそばで目の当たりにして育ちました。

しかし、、、私たちは、父からはギターも作曲方法も、ライブのノウハウも、ほとんど教わったことがありません。記憶にあるのは、父からイルカさんの「なごり雪」に出てくるコードだけ、4つか5つ教えてもらったこと。

あとは、父から「技は盗め。」とだけ言われました(笑)

私は、負けん気が強いので(笑)、「パパからは技なんて盗まない!」的な(笑)いけない娘ですね、、、15歳になるまで、ギターに触ることは全くありませんでした。

15歳になった頃、なんとなく気が向いてギターを弾いてみたら、楽しくて楽しくて、ずっと弾き語りの練習をするようになりました。

はじめてカバーしたのは、「なごり雪」次が、aikoさん、19さん、kiroroさんと続いて、ふと気がつくと自分で歌を描くようになっていた。

でも、こうして長い時間が過ぎてみると、私は結局、誰よりも父の影響を受けていたと思う。
スタイルも、パフォーマンスも、取り組み方も。

今、想えば、父の背中から無意識のうちに学び、盗んでいた。

そんな気がしてならない。

私にとって、やはり父は偉大な存在だと思います。


↓パパの代表作 1991年
「平和の鐘」
作詞作曲 吉川英二
演奏 吉川英二 with WHITE

https://youtu.be/VUdw1SCLGz8
- | permalink | comments(1) | -
親友たち
東京は雨。
みなさん、こんにちは。

先日、9月15日はAtelie EspritRobe×SAKURANBO Thanks Partyでのライブを応援くださいまして、本当にありがとうございました!




お恥ずかしながら、ちょこちょこ2曲程度のライブは続けてきましたが、45分以上の長いライブは2年ぶりくらいでした?しかも、それがほとんど一般非公開のコンサート講演だったって言う、、、。ご無沙汰しておりました事を改めてお詫びさせていたします。

それでも、再び私たちを暖かく迎えてくださる皆様に支えられて、SAKURANBOが再び自分たちの舞台に立つことができたことを心の底から幸せに感じました。

思い返せば、もう、ずいぶんと長い間、音楽を人生の一部にしてきました。その割に、まだまだ未熟なことが、本当に悔しいところではありますが、未完成だからこそ、この先も奮闘しながら成長していけるのだと思うと、ワクワクしています。

字が書けるようになった5歳頃、私の頭の中には、自分でも止められないくらい、言葉が溢れてきて、ずっとずっと、この世にある物のすべてを言葉で表現したいという衝動に突き動かされながら、詩を書き続けていました。

私の詩のノートは6歳からはじまっています。写真は8歳か7歳の作品かな?「あらねれる。」って自信満々に「わ」と「ね」を間違え続けていて、Akiちゃんぽい(笑)


思春期の頃、自分の心のなかのぐちゃぐちゃが、ノートの上で竜巻みたいに渦を巻きながら、あっちへいったりこっちへいったりする様。 部屋が真っ暗でも、手さえ動かしていたら、朝にはノートが1冊、終わっていました。

膨大な心の声は、ノートの中から飛び出したい、飛び出したいと、叫びをあげていて。

私のノートは、ある日、ギターと友達になりました。

その時から、 私のノートが言っていることは、ずっとずっと同じです。

「ありのままに 生きたい。」

そして

「愛が真実かどうかは 自分が決めることだ。」

って言う事。

私の引出しの中に、言の葉が生んだメロディーが100曲近く存在していて、それはまだまだ増え続けています。

1番、歪で弱くて、壊れやすいものが、1番 強くて優しくなれる瞬間がある。 私は 自分自身が脆くて弱いからこそ、弱い自分に負けない強さを信じて書き続けてきたように思います。

そんな私の私を越えて行くための静かな闘いの姿が、誰かの心を暖かく包むことのできる瞬間を願って、これからもノートとギターと親友でありたいです。

- | permalink | comments(2) | -
フレフレ2020参加中!
御礼♪ みなさま、この度はたくさんの応援、ありがとうございます(≧∀≦)こちらのブログにも温かなメッセージ、いつもありがとうございます!
Facebookの動画は、3日の間に、100件以上のいいね!やシェアをいただき、ビューも8000回を上回りました!すごく、嬉しいです! どうか、今後とも応援、拡散していただけたら幸いです!よろしくお願いいたします(●´ー`●) 又、現在、「風が来るよ」歌詞入りバージョンが、内閣官房庁が委託している、「フレフレ2020」という東京オリンピック・パラリンピックをキャンペーンにした動画コンテストに作品応募しています。オリラジの藤森慎吾さんなどが審査をされていらっしゃるイベントです! 是非、チェックしてください!動画には歌詞が入ってますので、とても聴きやすいと思います。よろしくお願いいたします(^∀^) 「フレフレ2020」SAKURANBO↓ https://m.youtube.com/watch?v=J3kuFJR3dBo&list=PLASWF7pAzt3zzZIdb4Sq1o2U38EjKxcna&index=21

- | permalink | comments(1) | -
パラリンピック応援歌
こんにちは、大変、お久しぶりのブログ更新です。みなさん、お元気でしょうか?
ブログの方、放置ばかりで本当に申し訳ありません。フェイスブック、ツイッターの方、ぼちぼち更新しています(*>ω<*)

今日は、新曲のご紹介です。
2020年のパラリンピック大会にメッセージを込めて、応援歌を作ってみました♪
作ってみただけですが(笑)

デモンストレーション動画がフェイスブックとYouTubeから見れます(≧∀≦)

演奏は、SAKURANBOではなく、aki個人になっています。
最近、SAKURANBOとして2人で活動することができずにいますが、それぞれの生活があって、なかなか妹と合わせることができていません(T . T)
しかし、妹とは今も、1番の心友であり、パートナーであり、コンビです♪
いつでも、いつまでも、2人で音楽はできます。今は、お互いにそれぞれの修行段階です。
妹は、クラシックギターの世界で、お師匠さまについて、ギタリストを目指しています♪
私は、SaFFyがいなくても、それなりに1人でも歌えるくらいにはなりたいと、ぼちぼちな訓練をしています。
お互いが自立して、活動できる実力があれば、2人で奏でたら2倍の力です。

音楽は、生涯続けます(●´ー`●)
金さん銀さんのようになっても(笑)


YouTubeパラリンピック大会応援ソング
「風が来るよ」
こちら

フェイスブック
こちら



よろしくお願いします。

今日から10月ですね(≧∀≦)
みなさん、お風邪などひかないように、おたっしゃで!
- | permalink | comments(1) | -